身体に優しい、ちょっとした話。

お風呂に浸かると筋肉がゆるむんです

お風呂

お風呂、毎日しっかり浸かってますか?
「忙しいからシャワーで済ませたいのよね」
「暑い日にお風呂ってなんか入り辛くて…」
「小さな子供がいるから、とても一人でゆっくりお風呂に浸かる間が無い…」
等々、お声が聞こえてきそうですが、お風呂をお勧めするには理由があるんです。

お風呂の水圧で、筋肉がゆるんでくれるんです!

まず、お風呂に期待出来る主な効果として、

1 温熱効果
暖かいお湯に浸かる事で体が温まり、血管が拡張して血液循環が良くなります。
それにより酸素や栄養分が体の隅々まで運ばれ易くなり、体内の老廃物が汗と共に排出され新陳代謝が高まります。

2 水圧効果
湯船に入ると全身に優しく水圧がかかり、筋肉を弛める効果があります。
また、水圧によるダイエット効果が近年注目されています。
(注:筋肉を弛める効果を狙う場合は、ジェット水流や打たせ湯等、強い刺激を伴うものはあまり良くないと言われています)

3 浮力効果(リラクゼーション効果)
湯船に浸かる事で浮力が得られ、内臓等が重力から解放されます。
お母さんのお腹の中にいた感覚に似ているのでリラックス効果が得られ、ストレス解消に繋がります。

等があげられます。

また、よりリラックス効果を得る為には、
ぬるめのお湯に、ゆっくり浸かる事が重要になってきます。
(適温と感じる温度に個人差がありますので、熱過ぎずぬる過ぎず無理のない温度で)
ぬるめのお湯にゆっくり浸かると、副交感神経が刺激されるのでゆったりとリラックス出来るだけでなく、脈拍も穏やかになり、眠りにつきやすい状態になります。

お風呂上がりは30分位ゆっくりとくつろぐ事がリラックス効果を高める為に良いとされ、その後寝床に入ると深い睡眠に入りやすいとされています。

ここまで読んで下さった方、お風呂に浸からないなんて勿体ない!…と思いませんか?
1回のお風呂でこんなに色々な効果が得られるのは1粒で何度オイシイのか…って感じですよね。
毎日でも、そして一日2回でも3回でも。お風呂はいくつかの点に注意すれば、沢山の良い効果が期待出来ます。

注意点としては、まず、熱いお湯で短い入浴時間だと上記の効果が思うように得られないばかりか、交感神経が刺激され興奮を促す脳内ホルモンが分泌される為リラックスしにくくなりますので、無理のない程度でなるべくゆっくり時間をかけて入浴する事です。
熱いお湯に短時間の入浴ですと身体の表面しか温まらず、お風呂から出た後汗をかきやすくなるので湯冷めしやすくなります。
そして何よりも注意が必要なのは、熱いお風呂は心肺系への負担が大きい事です。
脱衣所や浴室も含めて、急激な温度差に身体を晒して強い負担をかけないよう気を付けましょう。

無理な長湯等も身体に大きな負担となりますので、無理の無い範囲でお風呂を上手に使って(浸かって)下さいね。

筋肉を弛めるという意味で考えた場合、ジェット水流や電気風呂等の刺激の強いお風呂はお勧めできません。
強い刺激はリラックス効果も薄いので、ぬるめの湯船で静かにゆっくり、のんびり浸かって、筋肉を優しく弛めてあげて下さいね。

ページTOPへ戻る

  • ほぐし屋のツイッター